とりみんぐさろん アルティザンへようこそ

トップページ
トリミング
トリミングメニュー
シュシュ・スヌード
わんこメニュー
わんこケーキ
サプリメント
カフェ
ランチ
アフタヌーンティー
ディナー
アラカルト
一品料理
インフォメーション
トリミングカフェアルティザン   店舗紹介・地図・スタッフ紹介
今月のカレンダー
ひなのドックショー
ひな日記
ひな日記(旧)
掲示板
ワンちゃん写真集
イベント履歴
お知らせ詳細
お問い合わせ
リンク集
トリミングキッチンカフェ アルティザン

トリミング

   トリミングメニュー

トリマーのご紹介
トリマーのご紹介    ・日本小動物獣医師会認定 動物看護士
   ・JKC公認トリマー
   ・トリミング以外にもしつけ・お食事・体調のこと
    など様々なご相談にのります。
   ・動物病院で8年勤務AHTとトリミング両立を
    仕事としてました。

   ■動物取扱業登録番号
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・第100625号
   ■登録年月日
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・平成19年3月1日
   ■有効期間
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・平成29年2月28日
   ■動物取扱業の種別
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・保管
   ■動物取扱責任者
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・渡辺 美紀

    トリミングは予約制になっています。
トリミングは予約制になっています。
   ご予約は、店頭もしくはお電話で承ります。

   予約に空きがあればその場で受付も可能ですので 

   『食事してる間にシャンプーしてほしい!』

   と思いついてしまった場合も

   気軽に声をかけてください。


     TEL:042-572-5665

    トリミングメニュー

   犬種により料金が異なりますのでお気軽にお問い合わせください。

■グルーミングには、爪切り・足裏バリカン・耳掃除・肛門腺しぼり・シャンプー・
 足回りカット・ひげ切りが含まれています。

■トリミングは、グルーミングにボディカットがつきます。

■体の大きさ、毛量、毛玉等で料金は変わります。

    オプションメニュー

   爪きり 耳掃除 足裏バリカン 足先バリカン 肛門腺しぼり ひげカット

   トリートメントコース  プラス¥500〜

当サロンでは、敏感な皮膚のワンちゃんにも安心して使える
ラファンシーズシャンプーを使用しています。

コートのコンディションを見て、その子に合ったシャンプーとコンディショナーをお選びしています。

さらに、上質な仕上がりを求める方、コートの痛みが気になる方には、トリートメントコースをオススメします。
痛んでいるコートは、静電気が起きやすく、もつれ・毛玉の原因となり、ますますコートは損傷してしまいます。
定期的なトリートメントで、健康でツヤツヤの被毛を保てます。
是非、一度お試しください。

マイナスイオンドライヤーを使用することにより、コートをより美しく仕上げます。
普段、お使いのシャンプーの持込みも可能です。

    アルティザンのトリミング

  ワンちゃんの被毛や皮膚は、私達が思っている以上に
  デリケートです。
  暑いからといって、被毛を短くしすぎるのは危険です。

  その子のライフスタイルや お家でのお手入れの
  しやすさ、もちろん一番可愛らしく見えるカットを
  ご提案させていただいています。

  1頭1頭丁寧に仕上げて、その子に合った
  お手入れ方法などのお話もさせていただいています。
  お家での 正しいお手入れと、定期的なトリミング
  で、ワンちゃんの被毛は美しく保つ事ができます。
  ぜひ、お家での お手入れも楽しんでいただきたい
  ・・・。
  そのための、お手伝いをしています。

  当サロンのトリマーは、以前 動物病院で動物看護師
  とトリマーを兼任していましたので、しつけの事、
  おうちでのお手入れのコツ、食事の内容やダイエット
  などなど、ワンちゃんネコちゃんに関する様々な
  ご相談にも可能な限りアドバイスさせていただきます
  ので、声をかけてみてくださいね。
アルティザンのトリミング

    アルティザンのシャンプー

   『良いシャンプー』『良くないシャンプー』とはどんなシャンプーのことをいうのでしょうか?

   科学的な事実を基準にした『本当に良いシャンプー』の条件とは何かをご紹介します。

良いシャンプー3つの基本条件

ワンちゃんネコちゃんの被毛は、死んでいる細胞でできあがっている組織です。
このために、一度傷つくと自力で再生することができません。
ですから、ヘアケアで一番大切なことは、自力再生能力が失われているこの被毛を、
絶対に傷めないように心掛けるということです。
そして、被毛の損傷に最も係り合いの深いのが、シャンプー剤です。
被毛を傷めることなく連用できる良質のシャンプー剤を選ぶことが、
ヘアケアの第一歩となります。
では、良質のシャンプーの基本条件とは何でしょうか。

1 マイルドな洗浄力と皮フへの安全性が配慮されていること!
ワンちゃんネコちゃんの被毛・皮フは私達人間のそれと同じように、体内から出る皮脂膜で保護されています。
しかし、ワンちゃんネコちゃんの身体は被毛が密生しているので、通気性も悪く、
皮フの新陳代謝がスムーズにできにくいため、様々なトラブルが起きやすいのです。
ですから、まず何よりもシャンプー剤は、
【洗浄力がマイルドで必要以上に皮脂分をとりすぎずに連用できる】
【皮フを引きしめ保護し、炎症などを、抑える効果がある】
【皮フの新陳代謝を促進させる】ことが大切な条件です。
つまり、安全で、被毛・皮フをいつも清潔で正常な状態を保つ働きのあるシャンプーでなければなりません。

2 弱酸性(pH5前後)に整えられていること!
アルカリ性(pHが高い)シャンプーは、被毛の主成分であるタン白質を破壊・流出させ、
ツヤのないバサバサした乾燥毛にし、静電気を起こしやすい状態にします。
もつれや毛玉の原因となり、雑菌もまた繁殖しやすくなり、皮フ・トラブルの原因ともなります。
被毛や皮フは弱酸(pH5前後)の時に最も組織がひきしまって傷つきにくくなります。
pH7以上の中性やアルカリ性の製品はもちろんのこと、「弱酸性」の表示があっても、
pH6以上の製品は被毛を傷めてしまいます。
良いシャンプーは、pH5前後の弱酸性でなければなりません。
*アルカリにご注意!アルカリ性の液体を皮フに塗ってみると、ぬるぬるした感じがあります。
このような状態が生じるのは、アルカリ性の物質は被毛や皮フの組織(動物性タン白質)を溶解する性質が大変強いことを示している証拠なのです。

3 トリートメント効果の高い特殊タン白質(P.P.T.)が配合されていること!
タン白質は被毛組織を丈夫にし、損傷を回復させる、あるいは傷みにくくしてくれます。
被毛全体にハリ・コシを与え、適度な水分を保ち、軽くソフトなボリュームと自然なツヤを与えてくれると同時に、静電気によるもつれ・毛玉をできにくくします。
被毛は皮フと違い、死んでいる細胞の集まりですから、一度傷んでしまうと、自力で再生することができません。
ですから、健康で美しい被毛を保ち、また傷んでしまった被毛を治すためにも、
被毛内部まで浸透できる特殊なタン白質を常に補給してあげなければなりません。

以上の事から『良いシャンプー』とは、
■天然高級アルコール/アミノ酸系で洗浄力がマイルド、しかも安心して連用してできるシャンプー
■弱酸性(pH5前後)に整えられ、被毛や皮フの組織を最も健やかで傷つきにくい状態に保ってくれると同時に、
雑菌の繁殖をおさえてくれるシャンプー
■被毛内部まで浸透して、内部のタン白組織と統合できる極小のサイズと形で、
トリートメント効果の即効性と持続性にすぐれた*収着することができる特殊タン白質を
高濃度に配合したシャンプー
■ハーブエキスや水溶性硫黄などが適切に処方され、抗菌・消炎効果に加え、
皮フの新陳代謝を促がしてくれるシャンプー

それとは逆に『良くないシャンプー』とは、
■被毛や皮フを保護している皮脂成分までも洗い流してしまう洗浄力の強すぎるシャンプー
■被毛の主成分であるタン白質を破壊し、流出させ、皮フを傷め、雑菌を繁殖しやすくするアルカリ性のシャンプー
■タン白質が配合されていても、被毛内部に入り込めず、表面に*吸着するだけのシャンプー
■強すぎる洗浄力による肌荒れをカバーしたり、傷んでしまった被毛の見かけだけを良くするために、
配合したオイル分が原因で、被毛のハリ・コシをなくし、ベタ付き・汚れ・油焼けを起こしてしまうシャンプー

収着と吸着は全く違います!
*「収着」とは、被毛内部にまで浸透し、被毛内部のタン白質とトリートメント効果が持続することで、単に被毛表面に付着するだけでトリートメント効果のない「吸着」とは大きな違いがあります。

アルティザンでは、
この3つの基本条件すべてを完全に満たしている、
ラファンシーズシャンプーを使っています。

*ラファンシーズ各種販売もしています。

アルティザンへのアクセスはこちらから

ページのTOPへ戻る

COPYRIGHT(C)2007 トリミングキッチンカフェ アルティザン ALL RIGHTS RESERVED